トップ画像(ロゴ無).jpg

ポーランドの木の特長は、日照時間が短いところで成長すること。
日光浴びている時間が短い分、成長はゆっくりですが、その分しっかりとした年輪が組まれ、実の詰まった木に成長します。
そのため、ポーランドは木材輸出国として、出荷量がアメリカ、中国に次ぐ第3位にあたり、世界各国に流通しております。
特にフィンランドでは、ポーランドの木材で雑貨から家具、自分たちの住まいまでつくり上げてしまうほど、
ポーランドの木材を好んで使用します。
レシュタは、そんなポーランドの良質な木材を使用していますが、

実はそれだけではなく、環境に配慮したハンドメイドの手法にも大きな意味が隠されています。
その裏側を大きく3つに分けてご紹介します。

RESZTA_logo_only.png

レシュタが

できるまで

​マテリアル

FSC認証

​の取得